シベリア少女鉄道vol29<シベリア劇まつり>『残雪の轍(わだち)/キャンディポップベリージャム!』

見に行ってからもう2ヶ月近く経ってる…2017年12月公演です…いまもう2月終わりそう…
自分の記録用なのでもの凄い今更だけどメモメモ。

珍しく?というか、はじめてじゃないかな、シベ少さんのサンシャイン劇場。
キャパとしては過去最大!
最後に来たのは、上川さんが久々にキャラメルボックスの舞台に立つっっていう時だった気がする。
そうそう、駅からね、めちゃくちゃ歩くんですよね…

最初は「残雪の轍」忍びの者たちのシーンから。
変わって、「キャンディポップベリージャム」の世界・現代クリスマスイブの女子寮ロビー。
その管理人と帰省前の女子数人が、仲違いしてしまった二人を仲直りさせようとサプライズパーティーを企画する。
そこへタイムスリップした残雪パートの二人の忍者。
二人の行動によって、その末裔である女子二人の未来がリアルタイムに変化していって…!?
なお話でした。

エビ中の安本彩花さんと元ハロプロの中島早貴さんがツートップ!
二人のバトル(?)がどんどん加速していって、
時事ネタありのアメリカ大統領と最高指導者の国と国との争いまで!? …なんだけど、
わたし途中までなんかピンときてなくて、あれ?あれ?って、ちょっとポカーンとしてしまって。
なんて言えばいいんだろう…でも、これは私がシベ少マニアだからだと思う、すごくそう思う。
前半もちゃんとおもしろいしすごくよくできてる感じとか、ちょっと物足りなくて。
伏線の張り方とか装置とか道具とか、もうそんなことまで!?って感動するほど素晴らしいのだけど、
爆発力がもうちょっと欲しいというか、大オチはちょっと脱力というか…
これはもう好みの問題ですね、わかってますーーー。
だから次もとっても楽しみだし、また見に行きたいと思います。
こんなうだうだ言ったって、結局私にとって一番おもしろい劇団だって言うことに変わりないので。

もう、祈るしかないわ!!!


Sponsords Link

コメントを残す