シベリア少女鉄道vol.27「君がくれたラブストーリー」

もう公演が終わって1ヶ月近く経つのか!
産後初めてお芝居を見に行ってきました、いつものシベリア少女鉄道です。
@赤坂RED/THEATER
以下ネタバレを含みますのでご注意ください。

ステージには黒スーツの男女たち。
カードゲームを楽しみながら不穏な、ザ・アメリカ映画の翻訳、な会話をしている。何かの犯罪計画? カードを一枚切っては駆け引きのように言葉を交わすのが延々と続く。
最初はスタイリッシュに見えたその情景も、だんだん「おいカード何枚持ってんだよ・というか何のゲームだよ?」とおかしくなってくる。

と、途中で後ろのスクリーンでネタばらし。
手持ちのカードに書いてある言葉で芝居を上手に続け、最初にカードを全部手放した人が勝ち、というゲームだったのだ、という前半。
藤原さんの土下座で泣きの一回をやることに。
前半と同じカードを使った、全く別の話の後半戦が始まる!

上演時間が1時間20分くらい?で、あれっ短い?シンプルだなぁという印象。
ここで更に3回戦、とか、もう一回ひっくり返してもーーーーと思いつつ、今回かなりかなりおもしろくて!ラストシーンあたりはうっかり感動してしまいました。
どうにかしてもう一回見られないだろうか…。


Sponsords Link

コメントを残す