WordPress挑戦記(3)

>>WordPress挑戦記(1)
>>WordPress挑戦記(2)

前回は、「子テーマ」を作るやり方にしようと決めたところまで書きました。

Dreamweaverでコードヒント設定

と、その前に書き忘れてたこと。
実際に始める前に、Dreamweaverでサイト固有のコードヒント表示機能を使えるようにしておく。
[サイト]→[サイト固有のコードヒント]を選択、WrodPress内のディレクトリを指定。
これで、[CTRL]+[スペース]キーで入力補完ができるようになります。

子テーマを作る

wp-content/themesの中に、子テーマ自身のディレクトリであるフォルダを、任意の名前で作ります。この中のファイルが、親テーマのファイルの同項目を上書きしていくイメージ。

最低必要なファイルはstyle.cssのみで、その他のファイルは必要に応じて。
(ちなみにテーマに使うCSSは「style.css」のひとつのみで、名前は変更不可)

その子テーマのstyle.cssではファイルの先頭にヘッダー情報を描く必要があり、「Template: 行」が必須です。
親テーマが何かをそこで明示するんですね。
>>子テーマ – WordPress Codex 日本語版

functions.phpは上書きされず、親の functions.php に追加して読み込まれるそうです。
(functions.php は今回触らなかったのでそのへん保留…)

テンプレートファイルは、CSSと同様上書きされるイメージ。
必要なものだけ作ればよい、と。

一番最初は、style.cssのbackground-colorを書き換えてみて、全ページに適用されてるのを見て「できた!」みたいなレベルからのスタートでしたw
それから、XAMPPをたちあげて、Firebugで何がどこに対応してるのかをちまちまとさぐりながらちょっとずつ作業。
基本的には、htmlコーディングしたものをそれぞれのテンプレートファイルに落とし込んでいくだけなのですが、パスを出力したりループさせるために、「テンプレートタグ」を使わねばなりません。
PHPはドがつく初心者ですが、本や解説サイトを熟読したりコピペしたりでどうにかなりました。
>>テンプレートタグ – WordPress Codex 日本語版

初期にハマった部分をメモ。

テンプレートファイルの読み込み

テンプレートファイルの読み込みは get_template_part を使う。
テンプレートファイル’loop.php’を読み込む。

<!--?php get_template_part( 'loop' ); ?-->

テンプレートファイル’loop-search.php’または’loop.php’を読み込む。

<!--?php get_template_part( 'loop', 'search' ); ?-->
子テーマへのディレクトリを出力するタグ

使用中のテーマディレクトリまでのURLを出力するテンプレートタグは

<!--?php bloginfo('template_url'); ?-->

ですが、子テーマではこれが使えない(親テーマのディレクトリを参照してしまう)。
子テーマでは(‘stylesheet_directory’)を使う。

<img src="&lt;?php bloginfo('stylesheet_directory'); ?&gt;/img/header.jpg" />

Sponsords Link

コメントを残す